県文シネマ日和

舞台・音楽などを含む、さまざまなジャンルの映画をお届けします。

県文シネマ日和Vol.23 「教師×人間 菊池省三 挑む 第三部」

現代社会において教育の在り方が広く問われ、その重要性と問題点が指摘されています。コロナ禍の教育はどうあるべきか、いじめや学級崩壊といった暗いニュースが巷にはあふれ、凄惨な青少年犯罪の犠牲となるこどもは後を絶ちません…。
本作は、学級崩壊したクラスを次々と再生させてきた小学校教師、菊池省三先生の教育改革への歩みを記録した貴重な長編ドキュメンタリーです。
教育者のみならず子どもに関わるすべての人々にお贈りする必見の映画です。(上映時間104分)

※2回目上映後に菊池省三先生、筒井勝彦監督のトークイベント開催(約30分)。2回目のチケットをお持ちの方のみご参加いただけます

県文シネマ日和Vol.22 「ミセス・ノイズィ」

「フィガロの告白」の天野千尋が監督・脚本を手がけ、隣人同士の些細な対立が大事件へと発展していく様子を描いたサスペンスドラマ。
 小説家で母親でもある吉岡真紀は、スランプに悩まされていた。ある日、突如として隣の住人・若田美和子による嫌がらせが始まる。それは日を追うごとに激しさを増し、心の平穏を奪われた真紀は家族との関係もギクシャクしていく。真紀は美和子を小説のネタにすることで反撃に出るが、その行動は予想外の事態を巻き起こし、2人の争いはマスコミやネット社会を巻き込む大騒動へと発展していく。
 主人公の小説家・真紀を「共喰い」の篠原ゆき子、隣人の美和子を「どうしようもない恋の唄」の大高洋子、真紀の娘を「駅までの道をおしえて」の新津ちせがそれぞれ演じる。
 2019年・第32回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門出品。
<2019年製作/106分>

県文シネマ日和 Vol.21 「ブックセラーズ」

~本を愛するすべての人に届けたい一級品のドキュメンタリー映画~

世界最大規模のニューヨークブックフェア。そこには業界で名の知れたディーラーやコレクターら、本をこよなく愛する人々が集結する。そんな彼らの姿やめったにお目にかかれない希少本の数々を、ニューヨーク派の作家フラン・レボウィッツが案内人となり紐解く。
<上映時間:99分>

県文シネマ日和Vol.20 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。
そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。
禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く《無限列車》の中で、鬼と立ち向かうのだった。
<上映時間:約117分>

※本上映会は新型コロナ感染拡大予防ガイドラインを踏まえ、収容率100%で実施いたします

県文シネマ日和 Vol.19 「こども映画館」in 高知

  開場 人体の
サバイバル!
パンダコパンダ Tなべさん
おもしろレクチャー
1部 9:30  10:00  10:46  11:21 
2部 12:30  13:00  13:46  14:21 
3部 15:30  16:00  16:46  17:21 
※各部入替制
●映画「人体のサバイバル!」46分 デジタル映写機
●映画「パンダコパンダ」35分 35mmフィルム映写機
●「映写技師 Tなべさんおもしろレクチャー”見てみよう映写機の今と昔!!”」約20分
<関連親子ワークショップ ”作ってみよう映画のしくみ”> 

※本公演は、新型コロナ感染症拡大予防ガイドラインを踏まえ収容率50%で実施します

県文シネマ日和 Vol.18 「ファンタジア」

映画史に輝く金字塔
ウォルト・ディズニーの傑作「ファンタジア」がスクリーンに蘇る
<上映時間:約125分>

県文シネマ日和Vol.17 ナショナル・シアター・ライブ「戦火の馬」

ナショナル・シアター・ライブ(NTLive) とは
世界で観られるべき傑作舞台を こだわりのカメラワークで収録し各国の映画館で上映する画期的なプロジェクト。

ウォー・ホース ~戦火の馬~
スティーヴン・スピルバーグ監督が感動し、映画化したことで有名な舞台。見事に馬の存在感を表現したパペットの動きを余すことなくとらえたカメラワークは、新たな表現手法を発明したとも賞賛される創造的で力強い舞台を、より深く楽しめるものにしている。
主人公が幼少時から愛し育てた馬が軍馬として徴用されたことから、数奇な運命をたどることに。果たして二人は再会できるのか?

原作:マイケル・モーパーゴ
上映時間:2時間55分(途中休憩10分含む)

県文シネマ日和 Vol.16 「海の上のピアニスト」 イタリア完全版

世界を感動に包み込んだ海の上の奇跡が、日本初公開となるイタリア完全版で美しく蘇る。
<上映時間:約170分>

県文シネマ日和 Vol.15 「ドリーミング村上春樹」

世界で初めて劇場公開される村上春樹を巡るドキュメンタリー映画
<上映時間:60分>

県文シネマ日和Vol.14「ビューティフルドリーマー」 監督:本広克行 原案:押井守『夢みる人』

『踊る大捜査線』シリーズや『サマータイムマシン・ブルース』などのヒット・メイカー、本広克行監督の最新作の上映が決定!
野心的な企画と若い才能たちの予測不可能なケミストリーで創造する新レーベル<シネマラボ>の第1弾として押井守の脚本「夢みる人」の実写映像化に挑んだ、まさにドリーム・プロジェクト。その名も『ビューティフルドリーマー』。日本映画の新たな伝説がここから始まる…。
<上映時間:75分>

県文シネマ日和 Vol.13 「星屑の町」

25年愛され続けた大人気舞台が遂に映画化!
昭和歌謡の名曲にのせて 笑って、泣いて、そして、歌って。
<上映時間:1時間42分>

県文シネマ日和 Vol.12 「ドロステのはてで僕ら」

ヨーロッパ企画がおくるエクストリーム時間SF
<上映時間:70分>

【中止】県文シネマ日和 「ドリーミング 村上春樹」

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年6月6日(土)に予定しておりました「ドリーミング村上春樹」は一旦中止とさせていただきます。
本公演を楽しみにされていましたお客様には深くお詫び申し上げます。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。上映の目処が立ちましたら、改めて告知させていただきます。

県文シネマ日和 Vol.11 「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」

これは、50年一緒に過ごしてきて、初めてお互いの気持ちに向き合うふたりに起こる猫がくれた優しい奇跡。
<上映時間:105分>

県文シネマ<かるぽーと>日和Vol.10 ナショナル・シアター・ライヴ「ジュリアス・シーザー」

シェイクスピアの名作が、豪華俳優陣の競演で現代に蘇る!

<上映時間:2時間30分>

県文シネマ日和 Vol.9 映画「おかあさんといっしょ はじめての大冒険」

人気番組「おかあさんといっしょ」が映画になるよ!!
みんなで楽しめるコーナーが盛りだくさんの約70分!
<上映時間:約70分>

県文シネマ日和 Vol.8 「ブルーハーツが聴こえる」

梶原徹也(元ザ・ブルーハーツドラマー)×工藤伸一(映画監督)
スペシャルトークイベント開催決定!
※トーク、ドラムパフォーマンスは13:20~14:20のみ開催。チケットをお持ちの方は皆様ご参加可能です。

<上映時間:159分>

県文シネマ日和 Vol.7 「フジコ・ヘミングの時間」

苦難を乗り越え、60代で世界に見いだされた奇跡のピアニスト、フジコ・ヘミング。
いくつになっても豊かな人生を奏でる---。
<上映時間:115分>

県文シネマ日和 Vol.5・6 ヨーロッパ企画20周年記念「サマータイムマシンブルース」 舞台版・映画版上映会

2018年にヨーロッパ企画20周年記念ツアーとして上演される「サマータイムマシン・ワンスモア」に先駆け、「サマータイムマシンブルース」舞台版(2005年)と映画版を2日間にわけて上映!

県文シネマ日和 Vol.4 ナショナル・シアター・ライブ「フランケンシュタイン」

ナショナル・シアター・ライブが2014年に日本初上陸を果たした際、第1弾として大ヒットした「フランケンシュタイン」を上映します。
 「フランケンシュタイン」はアカデミー賞監督ダニー・ボイルが演出し、ベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが怪物と博士を交互に演じ、英国演劇界最高峰のローレンス・オリヴィエ賞で2012年に最優秀主演男優賞を二人揃って受賞した傑作舞台です。
<上映時間>
 ・ベネディクト博士Ver.:2時間15分
 ・ベネディクト怪物Ver.:2時間20分

県文シネマ日和 Vol.3 「お嬢さん」

華麗で過激な、究極の騙し合いを描いた超衝撃作。
韓国の巨匠パク・チャヌクが放つ「オールド・ボーイ」を遥かに凌ぐ、狂おしい官能と欲望の罠。誰が騙し、騙され、愛されたのかーーー。
<R18指定作品>

県文シネマ日和 Vol.2 ナショナル・シアター・ライヴ「夜中に犬に起こった奇妙な事件」

数学や物理には天才的な才能を発揮するが、他人とうまく付き合うことができないアスペル ガー症候群(自閉症の一種)の15歳の少年クリストファー。
ある夜、隣人シアーズさんの飼い犬が殺された。事件の犯人探しのために外の世界へ踏み出し、次第に成長していく少年の姿を描く。

県文シネマ日和 Vol.1 ナショナル・シアター・ライヴ 「ザ・オーディエンス」

映画『クィーン』でアカデミー賞を受賞したヘレン・ミレンが再びエリザベス2世を演じる舞台『ザ・オーディエンス』を映像化したナショナル・シアター・ライヴをお送りします。
topHOME

Menu

close

close