ご利用の流れ Flow of Use

多目的室 Multipurpose Room

県民文化ホールでは会議、研修やカルチャー教室、そして音楽、演劇、舞踊等の練習の場としてご利用いただける多目的室を貸室として低額の利用料金にて貸し出ししています。
多目的室をご利用いただくまでの流れは、次のようになります。

事前の確認

○ 会場を確認する

○ 利用料金を調べる

○ 空室状況を調べる

 

利用の申請

○ 仮予約

○ 利用許可申請書を作成する

○ 申請書の提出

○ 許可の制限、取消、停止

次に該当する場合は、多目的室の利用はできません。また、許可後においても、利用の取消もしくは利用を停止させていただきます。なお、その際に生じた損害の賠償はいたしません。

  1. 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき
  2. 暴力団(高知県暴力団排除条例第2条第1号に規定する暴力団をいう)の活動に利用されると認めるとき
  3. 利用者が「高知県立県民文化ホールの設置及び管理に関する条例」及び同施行規則の規定又はホールの指示した事項に違反したとき
  4. 利用者が利用許可申請書に偽りの記載をし、又は不正の手段によって許可を受けたとき
  5. 利用者が利用の条件に違反したとき
  6. ホールの管理上支障があると認めるとき
  7. その他、施設を利用させることが不適当であると認めるとき
    例)・当ホールの設置の目的に照らし、公共の施設としてその利用が不適当と認めるとき
      ・利用申請と異なる内容の利用をする場合
      ・利用申請者以外の者が利用するとき

 

使用料の納付

 

多目的室の利用

利用の際の注意事項をご確認ください。

 

ご利用の際の注意事項

注意事項
  1. カギの受け渡しは、事務棟2階の事務室で行います。
  2. 利用時間は、催物等の終了後、各室を原状に復して退出するまでの時間を含んでいますので、準備、片付けの時間を考慮してご利用ください。
  3. 施設・設備の使用は、セルフサービスです。
    机や椅子等の準備、備品の操作、後片付け等は、許可を受けた利用者が責任をもって行ってください。また、発生したゴミ類は利用者でお持ち帰りください。
  4. 施設利用後は、必ず、カギ受渡し時にお渡しする「多目的室施設利用点検表」に基づいて確認、点検を行い、カギと一緒に点検表を事務室又は指示のある場合は1階の防災センターに返却してください。
  5. 共有部分(通路等)への机や看板を設置、所定の位置以外の壁・扉等への貼紙は、ご遠慮ください。
  6. チラシを作成される場合は、会場になる多目的室の名称・階、主催者の問合せ先を必ず記載してください。
    その際、問合せ先は必ず主催者の電話番号とし、県民文化ホールの電話番号を記載しないようにしてください。
    また、作成したチラシを、事前に県民文化ホールにも一部FAXしてください。
  7. 前もってお荷物を送付される場合は、事前に必ずご相談ください。
    また、ご利用日と多目的室の名称を送り状の備考欄に必ずお書き添えください。
  8. 管理上必要と認めるときは、ホールの職員あるいは業務委託業者の職員が多目的室に立ち入ることがありますので、ご了承ください。
  9. 案内図等により、事前に、緊急の場合の避難経路を確認しておいてください。※事務棟避難経路図(PDF 260KB)
  10. 事務棟1階の自動ドアの前に、AEDを設置しています。緊急の際にはご利用ください。
  11. 第5多目的室(練習室)を除く各部屋では、有線LANによるインターネット接続が可能です。なお、ご利用の際のPC設定等は利用者ご自身で行ってください。

 

駐車場について

多目的室の主催者用の駐車スペースは、台数に限りがあり、ご利用いただけない場合もありますので、早めに事務棟2階の事務室にご相談ください。
詳しくは、<施設案内(駐車場)>をご覧ください。

 

禁止事項
  1. 館内・敷地内での喫煙
  2. 公序良俗に反する行為又はそのおそれのある行為
  3. 火気の使用
  4. 飲酒
  5. その他、県民文化ホールの業務の妨害となる行為
  6. 館内の壁・扉等への貼紙行為

多目的室ご利用の詳細「多目的室のご利用について」はこちらからダウンロードできます。(PDF/920KB)

topHOME

Menu

close

close