ホーム > 緊急地震速報について

緊急地震速報についてEarthquake Early Warning


設置している緊急地震速報装置

  • 高知県立県民文化ホールでは南海トラフ巨大地震に備え、大規模地震の発生が予測されるときに、ご来場者やホール関係者の安全を確保するため、インターネットを通じて事業者より配信される高度利用者向け緊急地震速報装置を設置しています。
  • 導入している緊急地震速報装置は、気象庁が発表した緊急地震速報に基づき、県民文化ホールが建っている地点の震度を推定して、ホールのお客様にお伝えするものです。
  • 緊急地震装置は館内の放送設備と接続していますので、県民文化ホールで設定震度以上の震度が予想される場合、自動起動してすぐに全館に非常放送を流します。

緊急地震速報装置の運用

  • 県民文化ホールは平成22~23年度に耐震工事を行っていますので、こうした点を考慮して次のように運用しています。
  • 大小ホールで催物が開催されていないときは、震度5弱以上が予想される場合に、大小ホールを含む全館に非常放送が流れます。
  • 大小ホールで催物が開催されているときは、通常、震度6弱以上が予想される場合に、大小ホールの客席を含む全館に非常放送が流れます。
  • 設定震度以下の場合は、ホールのスタッフが緊急地震速報の内容を把握し、必要な対応を行うようにしています。
  • 屋外スピーカから流れる非常放送の音量を考慮して、ホールに来館者がいない午前0時から午前7時までは、設定震度以上の震度が予想される場合でも非常放送は流れません。

利用者、来館者へのお願い

  • 非常放送は、NHKチャイム音の後に音声でお知らせします。
  • 南海トラフ巨大地震では、非常放送が流れてから強い揺れがくるまでの時間はわずかしかありません。非常放送が流れたら、あわてずに身の安全を確保してください。
  • 耐震工事の際に、ホールの天井落下防止工事を実施していますが、万一に備え、ホールのお客様は頭をできるだけ下にして強い揺れに備えてください。
  • 客席以外のお客様も、頭を保護し、強い揺れに備えてください。
  • 県民文化ホールは耐震工事を行っていますので、係員の指示に従い、落ち着いて行動してください。
  • 絶対にあわてて出口や階段に殺到しないでください。

お客様の安全を考慮しての対応でございますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。