ホーム > 高知県立県民文化ホール共同企業体

高知県立県民文化ホール共同企業体About Joint Venture


各社のノウハウを生かして

 公益財団法人高知県文化財団様にかわり、平成26年4月1日から新しく県民文化ホールの指定管理を行うことになりました「高知県立県民文化ホール共同企業体」です。それぞれの分野で豊富な経験を持った(株)高知新聞企業・(株)四国舞台テレビ照明・四国管財(株)・(株)シアターワークショップの4社で構成しています。
 私たちは、県民文化ホールで直接的な収益を目指すのではなく、長く県民に慕われてきた県立施設の運営にたずさわることで、企業活動を行ってこられたことへの感謝の気持ちを地域社会に還元したいと考えています。民間企業体のノウハウをフルに生かし、本県の文化振興貢献を第一に意識した運営を行ってまいる所存ですので、これまで同様、県民文化ホールをどうぞよろしくお願い申し上げます。

共同企業体各社

共同企業体各社の紹介
高知新聞企業  高知新聞企業は旅行企画、展覧会・ステージ等催事展開、カルチャー教室運営、ビル管理、県立美術館ミュージアムショップなど多彩な業務を行っている異業種集合体です。とくにイベント部門の事業局は、展覧会やスポーツ大会など高知新聞・高知放送のメセナ事業を主管する一方、長年にわたりコンサートや舞台芸術の誘致運営に取り組んでまいりました。
 共同企業体の代表企業として、そのノウハウとネットワークをフルに活かし、多様な自主事業を展開してまいります。
株式会社四国舞台テレビ照明  高知市に本社を構え、地元高知を中心にホール・スタジオの舞台技術管理を33年にわたって行っています。 一方、弊社代表者はコンサート等のライティングデザイナーとして全国的に活動し、松任谷由実などの著名アーティストの公演に多数参加しています。
四国管財株式会社  昭和37年創業以来、約半世紀、一貫して、高知市を中心に病院・量販店・銀行・ テナントビル等の 建物・財産の維持管理をさせていただいている県内最大のビル総合管理会社です。 サービス面では、公益財団法人日本生産性本部より、平成20年には「ハイサービ ス300選」、 平成 25年にも「おもてなし企業選50」の認定も受けました。
 建物等を維持管理するというハード面だけではなく、 建物に関わる人々を幸せにするソフト面も 重要視する会社経営に取り組んでおります。

株式会社シアターワークショップ
 劇場・ホールコンサルティングのリーディングカンパニーとして、設立から30年以上にわたり、全国各地にて劇場・ホールの施設計画や管理運営計画の策定、市民参画組織の設立を支援しています。
 また、コンサルティングだけでなく、大阪芸術創造館、高知市文化プラザかるぽーとにて指定管理業務の一翼を担ったり、東京・渋谷のヒカリエホールの運営を受託するなど、実際の運営にも積極的に参画しております。